ホーム > 現金化 > ショッピング枠現金化の仕組み

ショッピング枠現金化の仕組み

もっているクレジットカードで商品を購入して、その商品を売りさばくとか転売して現金に換金するというのがクレジットカードショッピング枠の現金化というものです。仮にショップでブランドもののバッグを10万円で購入したとしましょう。クレジットカード決済で購入してそのまま質屋かブランド買取センターに行って買い取ってもらいます。その価格が9万円だったとしたら、9万円の現金が手に入り、10万円の支払いが残るということになります。 

 

自分でこういった換金率の高い品物を見つけて現金化するのが一番ですが、やはり結構面倒なものです。ともすればクレジットカード会社から利用を止められてしまうこともあるようです。そこで利用したいのがクレジットカードの現金化を専門とする業者です。商品を探す手間や売りさばく手間を考えると、業者をうまく利用した方が効率的な場合も多いはずですよね。最近では業者にいちいち行く必要もなくてインターネットで全て済んでしまうところもあるようです。

 

業者を使う場合の大きな流れとしては、まず現金化をその業者に申し込みます。そのあとに指定された商品をネットでの決済で購入します。すると間もなくして口座に現金が入金されます。そして商品を受け取り、利用者はその商品を業者に送るという流れになります。現金化とは結局は買ったものを売るということで現金を手に入れているというだけなのです。もちろん、購入した金額よりも高く現金化してくれるところはないので注意しましょう。

クレジットカードの現金化の仕組みについて


タグ :